ポコポコ・ホッピング

ポコポコ・ホッピングは東京都調布市で障害児の放課後等デイサービスを運営しているNPO法人です。

Featured Work

「まずは、やってみる。
次には、楽しめるように。さらに、自分なりの目標に挑戦できる子に。」

「からだを動かす、できない運動に挑戦し、できるように頑張る、放課後を有意義に過ごす、友達関係を育てる」 というのが発足当時の親たちの願い。発達にハンディのある子どもたちの放課後をできるだけ豊かにすることをめざしています。

サービス内容・理念
  • po
  • ko
  • po
  • ko
  • ho
  • ho
  • ho
  • ho
  • ho

私たちの取り組み

お友だちや指導員とのさまざまな活動を通して、人とかかわる力を育むきっかけを作りたいと思っています。

施設案内


施設案内 神代団地

ポコポコ・ホッピング神代団地

野川の清流や大きく育った木々の自然豊かな環境に囲まれた調布市西つつじケ丘のUR神代団地の中にあります。

ポコポコ・ホッピング富士見町

近くには小さな畑や公園の点在する調布市富士見町の閑静な住宅地にあります。

活動内容

「ポコポコ・ホッピング神代団地」「ポコポコ・ホッピング富士見町」それぞれの活動内容をご案内します。

ご利用案内

ご利用にあたっての手順をご案内します。ご利用をお考えの方はこちらをご覧ください。

職員募集

現在、職員募集を行っております。子どもたちの支援をめざす方のご応募をお待ちしています。

アクセス

アクセス

ご利用希望の保護者の皆様へ向け、個別の利用相談・施設見学を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

>

ブログ


日々の活動のようすをご覧ください。

管理者の紹介

ポコポコ・ホッピング神代団地、ポコポコ・ホッピング富士見町の管理者からごあいさつです。


Dan

学校でがんばってから帰ってくるので、楽しい活動をめざしています。
お天気がよければ外の歩行や公園遊びへ。
室内では、曜日によって、おやつを作ったり、体を動かしたり、そして、ときには絵を描いたり、工作をしたりします。
学齢期の12年をかけて子どもたちはゆっくりと成長していきます。
学校とも、家ともちがう第3の場として、子どもたちに過ごしてもらえたら、と思います。

ポコポコ・ホッピング神代団地 管理者


Bill

穏やかな住宅街の中、明るい外観と園庭がある施設です。
学校から「ただいま」と帰ってくる元気なあいさつや、その日の活動を楽しみにしてくれている笑顔に、職員一同、子どもたちからパワーをもらっています。
今後も思う存分楽しんでもらえること、一つでも好きなことやできることが増やせるような活動をめざしています。

ポコポコ・ホッピング富士見町 管理者